成り立ち
中央大学語言中心は2001年に中国語教育課程を設立、外国人学生向け、中国語と中国文化の教授を目的としております。

特色
本学の言語中心が開設している課程は、単位(正式な大学の授業)があるものと単位のないものに分かれています。さらにこれらの課程は「基礎中国語課程」、「応用中国語課程」、「中国文化課程」、「その他の中国語課程」の 4つに分類されています。これらの課程は流暢な中国語技術の習得及び、中国語文化の理解を深める為のものです。このほかに言語中心では24-28単位の中 国語学習専門課程もあります。多彩な授業と中国語教育の専門教師の授業によって、生徒の力、理解力を伸ばしていく事を目標としております。

師資
言語中心には中国語を第二母国語として学ぶ為に必要な技術、知識をこの道の経験豊富な教師によって学ぶ事ができます。

設備
設備の揃った視聴覚室があり、そこで授業を行ったり、副教授に質問や自習をすることができます。現在本中心は二つの視聴覚室があります。さらにメディアスペース及び生徒の書く能力を深める為専門の学習スペースもあります。

展望
本中心は「すばらしい環境での中国語学習」を理念としており、さらなる中国語教育の発展を目指し学習及び研究を行い、授業の向上、環境作りに力を入れ、国際化の需要にも対応できるよう日々なる努力で発展して行きたいと思います。